【最新刊】反日種族主義と日本人

反日種族主義と日本人

久保田るり子

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    40万部超のベストセラーとなった『反日種族主義』の日本人のための公式副読本。韓国で出版された『反日種族主義』の日本での翻訳出版を執筆者たちに薦めた産経新聞編集委員の久保田るり子氏による書き下ろし。『反日種族主義』執筆者6人へのインタビューも収録。文在寅政権は韓国の歴代政権の中でも最も「反日」を前面に押し出している。韓国で「反日」がここまで大きくなった背景には、戦後日本の新聞や政治家、左派文化人による言動がある。日韓を離間させようとする北朝鮮や朝鮮総連の思惑を後押ししてきた戦後日本の左派勢力の責任を問う一冊。慰安婦問題や徴用工問題で日本の左派勢力がどんな役割を果たしてきたのか、日本人として知っておかなければならない事実を提示する。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/20
    連載誌/レーベル
    文春新書
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 反日種族主義と日本人
      2021/02/22

      朝日新聞や吉田清治達や、韓国人たちを含めて。
      こんな連中共たちのことが人間として許されて、この世の中に存在がしていて、生きていること自体がとても信じられない。

      完全に明らかに連中共たちに戦争を仕掛け...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード