【最新刊】民宿雪国

民宿雪国

樋口毅宏

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大勢に惜しまれながら、国民的画家・丹生雄武郎が亡くなった。享年九十七。彼は一方で寂れた民宿のあるじでもあったが、その生涯は未だ多くの謎に包まれている――。期待した筋書きを幾度も裏切られる破天荒な構成、そして昭和史の裏面を抉りながら最終的に物語が辿りつくのは……!? 小説界が驚倒した空前絶後、衝撃の大傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2013/12/07Posted by ブクログ

      『いつだって流れる血は美しい。それが悪人のものなら、尚更のことだ。』

      「車椅子だからといって足が不自由だとは限らない。車椅子を見て人々は思う。『お気の毒に…』。しかし本当にお気の毒なのは、見たものを...

      続きを読む
    • 2014/01/13Posted by ブクログ

      2014.01.13 読了

      ヴィレバンでの出会い。
      正月に島根、鳥取という日本海側に行くこともあって手に取った。タイトルから。

      非常におもしろかった。
      もう一度読み返してみようと思っている。自分の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/11/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002363852","price":"660"}]

    セーフモード