【最新刊】良い製品開発 実践的ものづくり現場学

良い製品開発 実践的ものづくり現場学

著:三木博幸 解説:藤本隆宏

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    筆者は、これまで『コストを下げれば、品質は上がる』『部品半減』『コストは必ず半減できる。』など自らの経験からあみ出した手法を、様々な企業で「部品半減・コスト半減」という側面から解説してきました。このようなノウハウももちろん重要なのですが、それを活かし実行に移す日本企業の製品開発そのものが弱体化してきています。本書は、この恐るべき事態とそこからの脱却の術を明らかにするものです。メーカーの事業の赤字は様々な要因から発生しますが、その赤字の解決策は常に開発部門にあり、そのシーズ(種)は市場にある、ということに気付いていないのです。赤字の原因は会社の外にあり、解決策も外にあると考えていることこそが問題です。このことが赤字をより深刻化させ、改善に手間取る結果になっているのです。本書は、そのようなお寒い状況にある日本の製品開発を抜本的に革新する「攻めの開発」としての「良い製品開発」を推進するもの。CADの普及と分業化が開発現場を弱体化させたとし、IP抽出、DTC開発、「製品開発企画書」に沿った開発、特許出願200目標など開発力強化の具体策を示します。筆者の製品開発理論は、ものづくり研究の第一人者である東京大学・藤本教授も高く評価しており、解説を掲載しています。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/10
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/08/04Posted by ブクログ

      機械ものの設計・開発にはパーツも多いし、部品点数を減らす工夫もできるだろう。
      本屋で立ち読みした際に、医療機器の話、1行だけ乗っていたので、ヒトに使用する医療機器の開発に使えるかも、と期待したが、規制...

      続きを読む

    セーフモード