【最新刊】駅名学入門

駅名学入門

今尾恵介 著

1,012円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2020年3月開業の「高輪ゲートウェイ」で一躍注目を集めた駅名。日本の駅名とは、そもそもどういうものか。明治以来の歴史的変遷から浮かび上がってくる、思想、そして社会的・政治的・文化的背景とは。さらに、カタカナ・ひらがなを多用した「キラキラ駅名」はいかなる文脈から発想されるのか。駅の命名メカニズムを通して、社会構造の変化や地名との関係、さらに公共財としての意義や今後のあり方を展望する。多くの発見と知的刺激に満ちた本。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/10
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/03/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/21Posted by ブクログ

      キラキラ地名に警鐘を鳴らす。高輪ゲートウェイ駅の開業を機に駅名とその元となる地名について体系的にまとめた画期的な本。

      駅名をどうするか、鉄道開通からの問題、自治体名だったり広域地名、大字や名所旧跡な...

      続きを読む
    • 2020/08/19Posted by ブクログ

      地図や地名に造詣の深い著者による一冊で、鉄道駅の命名を通じて、歴史ある地名の継承、また消失にまで論を展開しています。

      全国津々浦々の駅の命名に関する傾向を紐解きつつ、自治体名や町名としては消失してし...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002361583","price":"1012"}]

    セーフモード