現代経済学の直観的方法

関連商品あり

長沼伸一郎

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わかりやすくて、おもしろくて、深い。かつて『物理数学の直観的方法』で理系世界に一大センセーションを巻き起こした著者による、この一冊で資本主義の本質をガツっと直観的につかむ、どこにもなかった経済書。・資本主義とは・インフレとデフレのメカニズム・貿易が拡大する理由とは?・ケインズ経済学とは何か?・貨幣の本質とは?・なぜドルは強いのか?・仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーンとは何か?そして、・資本主義社会の最大の問題点と、その解決のヒント 私たちが生きる現代資本主義社会の本質とその問題、行く末を理解する一冊! (目次)第1章 資本主義はなぜ止まれないのか 第2章 農業経済はなぜ敗退するのか 第3章 インフレとデフレのメカニズム 第4章 貿易はなぜ拡大するのか 第5章 ケインズ経済学とは何だったのか 第6章 貨幣はなぜ増殖するのか 第7章 ドルはなぜ国際経済に君臨したのか 第8章 仮想通貨とブロックチェーン 第9章 資本主義経済の将来はどこへ向かうのか

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/05/10Posted by ブクログ

       著者の「経済数学の直観的方法(マクロ経済学編・確率統計編)」には本当に驚かされた。単に経済学の主要理論が物理数学をアナロジカルに用いることで記述できるということを示したにとどまらない。そもそも経済学...

      続きを読む
    • 2020/11/07Posted by ブクログ

      「経済というものが全くわからず予備知識もほとんどない(ただし(読書レベルは高い)読書が、それ一冊を持っていれば、通勤通学などの間に1日当たり数十ページ分の読書をしていくだけで、1週間から10日程度で経...

      続きを読む
    • 2020/05/01Posted by ブクログ

      「経済数学の直観的方法」でお世話になった者としておもしろいのは分かっていたので、発売日に購入。
      まったくもって期待通りと言うか期待以上。

      ① まず、いわゆる「経済学部」レベルでのマクロ経済学について...

      続きを読む
    開く

    セーフモード