【最新刊】小説 蜂須賀重喜 阿波藩財政改革

小説 蜂須賀重喜 阿波藩財政改革

童門冬二

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸時代は宝暦年間、9代将軍・家重の世。阿波藩の峰須賀家に入った重喜は、火の車であった藩財政の改革に着手し、画期的な提案を行う。ところが、ことごとく陋習に縛られた重臣たちの反対にあう。さらに、江戸幕府・田沼意次の陰謀も進み、平島公方の騒動も無視できない。阿波藩の経営改革を追う、長篇歴史小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/03
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    レビューコメント
    • 小説 蜂須賀重喜...

      蜂須賀重喜よりも側近の伊吹京太郎が主人公ですね。人間的魅力も蜂須賀重喜よりも田沼意次のほうが丹念に描かれています。諸勢力入り乱れての権力争いが読みどころです。お子様にはちょっと刺激が強いかも。

    • 小説 蜂須賀重喜...
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード