【最新刊】怖い患者

怖い患者

久坂部 羊

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「我ながら毒気の強い作品ばかりで、あきれます」と、書いた本人もため息。現役医師の作家・久坂部羊が描く、強烈にブラックな短編集! 区役所に勤務する愛子は、同僚女子の陰口を聞いたことがきっかけで、たびたび「発作」を起こすようになる。この世の終わりに直面したような、とてつもない恐怖に襲われるのだ。心療内科で受けた「パニック障害」という診断に納得できず、いくつもの病院を渡り歩くが……(「天罰あげる」)。介護施設を併設する高齢者向けのクリニックには、毎日多くのお年寄りが集まってくる。脳梗塞で麻痺のある人、100歳近い超高齢者、150kg近い体重で車椅子生活を送る人……さまざまな症状の利用者みなに快適に過ごしてほしいと施設長は願うが、老人たちにはもめごとが絶えず……(「老人の園」)。毒気に満ちた患者の怖さと最悪のどんでん返しが炸裂する、全5編。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/03
    連載誌/レーベル
    集英社文芸単行本
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/06/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/21Posted by ブクログ

      短編集なのでさほど期待する事もなく気軽に読み始めたが、なかなか黒く味わい深く余韻の残る内容だった。誰しもが気づかないまま内面に持つであろう病的な側面を、無遠慮にさらけ出そうとする作者の意図は正直怖い。...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/09/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002357284","price":"1760"}]

    セーフモード