【最新刊】自分の機嫌は「家事」でとる

自分の機嫌は「家事」でとる

主婦の友社

1,628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。「心地よくいられるための家事」を楽しんでいる方の実例集。人気Vloggerの家事ルーティンもYouTubeで配信。時代は「もの」から「こと」へ。もたない暮らしで本来の自分にたちかえろうとする「ミニマリズム」や、時間と手をかけて日々を愛おしむ「ていねいな暮らし」はその極限。誰もが「こと」で満たされる幸せがあることを知っています。(もちろん「もの」も、とても大事で、心に働きかけてくれる力があるのはご存知の通り)では日々を満たす「こと」とは。それは「家事」。家事労働という言葉もあるように、義務や面倒なことと捉えられがちですが、炊事、掃除、洗濯、片づけをしたあとの爽快感や充足感は、自分を幸せな気持ちにしてくれます。つまり「いい気分」は家事でつくれるのです!本書では、毎日の暮らしの中で、自分や家族が心地よくいられるための家事を楽しんでいる方の実例をご紹介します。幸せな毎日に「完璧な家事」は必要ありません。必要なのは家事を楽しむマインドと工夫。「家事上手」な人のマインドや工夫の中から、自分の暮らしにとりいれられそうな「機嫌のとり方」を探してみてください。

    続きを読む
    ページ数
    131ページ
    提供開始日
    2020/04/01

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード