【最新刊】ドリトル先生アフリカへ行く

ドリトル先生アフリカへ行く

著:ヒュー・ロフティング 訳者:金原瑞人 訳者:藤嶋桂子

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内容紹介本書は有名なヒュー・ロフティングのドリトル先生シリーズの100周年改訂新版(Centenary Edition) です。ロフティングの子息とSimon & Schuster Children’s Books が1作目「THE VOYAGES OF DOCTOR DOLITTLE」、2作目「THE STORY OF DOCTOR DOLITTLE」の2点の100周年改訂新版を発売しました。原書のユーモアや面白さはそのままに、現代の見地から見ると問題のある表現などを改めており、翻訳も、児童書の訳者としても実績のある金原瑞人先生が現代の目でも読みやすく訳してくださっています。子供にドリトル先生を読んでほしいが、昔風過ぎてとっつきにくい抄訳ではなく完全版がよい、表現が気になるといった方にも楽しんで読んでいただけると思います。またユニバーサルスタジオがロバート・ダウニー・ジュニアを主演として映画版「ドクター・ドリトル(原題:Dolittle)」を公開する予定です。(アメリカでは1月17日、日本では3月20日予定)【あらすじ】人間の医者だったドリトル先生は、飼っていたオウムのポリネシアから動物語を習い、動物の医者になった。すっかり評判になったある日、ツバメが運んできた便りから、アフリカの猿たちの間で疫病が流行っていることを知り、動物たちと共に助けに出かけることに…。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/30
    出版社
    竹書房/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/05/31Posted by ブクログ

      息子のクリストファー・ロフティングが書き直した版です。ヒュー・ロフティングの挿絵に趣があっていいです。

      ""じつはこのドリトル先生のシリーズ、アメリカでは何十年もずっと、図書館にも書店にもなかったの...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      詳細は、あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノートをご覧ください。
      → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1480.html

      第1巻 ドリトル先生アフリカ...

      続きを読む

    セーフモード