【最新刊】絶対猫から動かない

絶対猫から動かない

著者:新井素子

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「うぃやっ……地震?」56歳の大原夢路は将来が絶賛不安な元校正者、現在無職。両親の介護のために仕事をやめ、さらには認知症になった義父母の存在もずっしりとのしかかっている。そこそこに仲良しの旦那はいるけれど、そりゃもうストレスは満載。おかげで最近妙な夢を見る。地震で止まった地下鉄の中に閉じ込められ続けるのだ。親友の冬美と、袖すりあった見知らぬひとたちと、そしてもうひとり、人間の生気を喰らういきもの「三春ちゃん」と!!それぞれに問題を抱えたいい年の大人たちが、自分たちの生存と、たまたま居合わせてしまった子供たちの未来を守るために戦いを始める。初めはおずおずとコミュニケーションをとり、やがて奇妙な共闘態勢が。憧れるのは猫のごとき平和な日常、いつか手にしたら、絶対そこから動いてなんかやるものか。でも、それまでは――日本SFのレジェンドがおくる、最高の「ふつうの大人」の冒険小説!!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/28
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/05/28Posted by ブクログ

      これぞ新井素子!って感じの小説で面白かった。
      人間を捕食するものである「三春ちゃん」の結界にとらわれてしまった人達が、奮闘する話。
      いきなり中学生が亡くなってたり、登場人物それぞれの現実問題(介護やら...

      続きを読む
    • 2020/05/10Posted by ブクログ

      小学生の時、「星に行く船」で新井素子さんにはまりました。その後、彼女の作品はかなり読んでいるつもりです。
      久しぶりに素ちゃんワールド全開でした。
      長編ですが、続きがきになって週末に一気読み。
      50歳に...

      続きを読む

    セーフモード