【最新刊】日本の最終講義

日本の最終講義

著者:鈴木大拙 著者:貝塚茂樹 著者:桑原武夫 著者:中村元 著者:土居健郎 著者:鶴見和子 著者:河合隼雄 著者:梅棹忠夫 著者:江藤淳 著者:網野善彦 著者:阿部謹也 著者:日野原重明

4,950円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学問を志してからの道程、恩師・同僚・生徒たちとの交流や大学の思い出、そして自らの学問にたいする真摯な思い――日本を代表する「知の巨人」23人が残した、学問の総決算ともいえる最終講義を精選。令和新時代に語り継ぎたい名講義、感動の一大アンソロジー。【掲載順】鈴木大拙   禅は人々を、不可得という仕方で自証する自己に目覚めさせる宇野弘蔵   利子論大塚久雄   イギリス経済史における十五世紀桑原武夫   人文科学における共同研究貝塚茂樹   中国古代史研究四十年清水幾太郎  最終講義 オーギュスト・コント遠山 啓   数学の未来像中村 元   インド思想文化への視角芦原義信   建築空間の構成と研究土居健郎   人間理解の方法――「わかる」と「わからない」家永三郎   私の学問の原点―― 一九二〇年代から三〇年代にかけて鶴見和子   内発的発展の三つの事例猪木正道   独裁五六年河合隼雄   コンステレーション梅棹忠夫   博物館長としての挑戦の日々多田富雄   スーパーシステムとしての免疫江藤 淳   SFCと漱石と私網野善彦   人類史の転換と歴史学木田 元   最終講義 ハイデガーを読む加藤周一   京都千年、または二分法の体系について中嶋嶺雄   国際社会の変動と大学――あえて学問の有効性を問う阿部謹也   自画像の社会史日野原重明  看護の心と使命

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/27
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/07/12Posted by ブクログ

      巨匠と呼ばれる社会学、医学を中心とした教授陣の最終講義を集めたオムニバス。
      芦原義信が目当てで、読めて良かったです。図と地を始めとするゲシュタルト心理学、銀座の看板の話。とても興味深い。

    セーフモード