【最新刊】帰る日まで

帰る日まで

藤原眞莉

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦乱の世――男として生を享けながら、父である斎藤道三によって姫として育てられた帰蝶は十五歳。父の命令で『うつけ殿』と名高い尾張領主、織田信長のもとに輿入れすることになった。己の運命を変えるために、ある決意を胸に秘めて信長との初夜に臨んだ帰蝶だが、驚くべき事実が明らかになって……!? コバルト読者大賞を受賞した表題作のほかに続編である『彷徨夜』『夜見る焔』を収録。【目次】帰る日まで/彷徨夜/夜見る焔/あとがき

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/27
    連載誌/レーベル
    集英社コバルト文庫

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      信長と濃姫の話。
      思い切った設定だなぁとびっくりしましたが、非常に面白かったです。
      元々史実を基にしたフィクション作品は大好きでしたが、これが一番面白かったな♪
      この作家の処女作。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      絶版になってますね、もったいない!中学生くらいの頃に読んで今も強烈に記憶に残っています。背景の書き込みがすごい。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      織田信長と濃姫の創作話。信長が好きになったきっかけのの本。
      現在手放したことを悔やんで、古本屋で探し中。

    開く

    セーフモード