【最新刊】うつ病九段

2020年12月実写ドラマ化。将棋界の最高位九段に君臨する人気棋士・先崎学。2017年、うつ病を発症する。病気との闘いは、将棋を取り戻す道のりでもあった…。
うつ病九段

無料あり

原作・先崎学/漫画・河井克夫

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

プロ棋士がうつ病になり、将棋を指せなくなって……。先崎学のベストセラー手記『うつ病九段』を完全コミカライズ!人気プロ棋士の先崎学九段を“うつ”が襲ったのは、47歳の誕生日の翌日でした。頭がどんよりと重く、将棋を指しても対局にまったく集中できない。1日のうち、何度も電車に飛び込む自分の姿が脳裏をよぎるようになります。「学、入院するんだ。このままでは自殺の恐れがある」精神科医の兄からのアドバイスによって、先崎さんは精神病棟への入院を決意します──。本書は、うつ病で1年間の休場を余儀なくされた先崎さんの闘病エッセイを、漫画家の河井克夫さんが漫画化したもの。文藝春秋のニュースサイト「文春オンライン」で連載され、累計564万PVを記録する大きな反響を呼びました。朝起き上がれない。活字が頭に入らない。詰将棋も解けない……。そんなドン底の状態から、いかにして先崎さんは自分と将棋を取り戻していったのか。現役復帰を果たすまでの軌跡が、ユーモラスかつ繊細なタッチで描かれます。「お見舞いには”みんな待ってます”の一言を」「うつ病にとって散歩は薬」「規則正しい日課で生活ズムを取り戻す」等々、”うつヌケ”のための実用的なヒントも満載です!

続きを読む
ページ数
214ページ
提供開始日
2020/04/24
連載誌/レーベル
文春e-book
出版社
文藝春秋
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(11件)
  • うつ病九段
    2020/09/07

    2日(ほぼ1日)で読了。
    単行本もあるようですが、漫画で読みました。

    サーっと読めました。

    うつ病になった将棋の棋士である原作者の体験記。

    結構ありのままに書かれていて、リアリティがあり、また共...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • うつ病九段
    2021/03/14

    本編もおもしろかった(この言い方は違う気がするが)が、コミカライズによってさらに読みやすい。
    よく練られた構成だと思う。
    特に終盤、羽生さんとのやり取りから、千崎さんがうつ病になった顛末をかくくだりま...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • うつ病九段
    2020/12/04

    マンガですらすら読みやすい。実際にうつ病になった人がうつ病と闘ってる自分について書いた本を読んだことがない上に、それがプロ棋士なのだから興味をそそられあっという間に読み終わった。面白かったし、自分がも...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード