AIの時代と法

小塚荘一郎

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仮想通貨,データ取引,シェアリングエコノミー…….AIをはじめとするデジタル技術の発展は,これまでの「法」ではとらえきれない事態を生じさせ,さまざまな課題をつきつけている.近代社会を規律してきた「法」のゆらぎは一体何を意味するのか.ビジネス法の最前線で起きている問題を取り上げながら考える.

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    4
    5
    2
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/26Posted by ブクログ

       財物からサービスへ、モノからデータへ、契約・法からコードへの3つの柱で、民商事法、経済法、情報法の視点から、AI時代の法の現状をコンパクトにまとめ、将来の在り方を提示する良書。AIに関数r専門用語も...

      続きを読む
    • 2020/01/03Posted by ブクログ

      AI・データ時代における法の存在意義・役割を説く。国内外の事例の紹介にとどまらず、現行の法体系との関係の分析や未来への提言がなされており非常に勉強になった。民商事系の研究者による著作という点でも貴重。

    • 2020/01/01Posted by ブクログ

      曲がりなりにも法律を生業としている者にとって、法とは何か、という根本的問題を考えるきっかけをいただきました。日頃は新しい法規制を追っかけ、その規制が自分の仕事にどう影響するか、という視点しか持たなかっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード