【最新刊】強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたら

強欲「奴隷国家」からの脱却 非正規労働時代をマルクスが読み解いたら

浜矩子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    強いものがより強く、大きいものがより大きく――。アホノミクスはこの国を21世紀版「大日本帝国会社」という名の国策会社にしようとし、その野望は完成しつつある。庶民にあふれるあきらめと絶望に勇気を与え、安易なファッショに流されないための提言! もはや近代経済学では危機の予見が不可能な暴走する新資本主義社会において、マルクスの視点を読み込み、アップデートすることで私たちがなすべき答えを導き出す野心作!!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/19
    連載誌/レーベル
    講談社+α新書

    レビュー

    • 2020/04/30Posted by ブクログ

      反アベノミクスの舌鋒鋭いエコノミスト、浜矩子さんがマルクスを語る!というちょっと意外な本。確かに現在の資本主義を理解するために資本論を読み返す、とか今マルクスが生きていたらどう考えたか・・みたいな本も...

      続きを読む

    セーフモード