【最新刊】歴史の定説100の嘘と誤解【電子限定特典付き】

歴史の定説100の嘘と誤解【電子限定特典付き】

八幡和郎

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史学者は現実の政治外交を知らない!歴史の定説や常識についての“異議申し立て”をする目からウロコの100エピソード。古今東西の世界に通じる鬼才が、世界史から日本史まで幅広い歴史論争に終止符を打つ!◎『日本書紀』の万世一系が「史実」である証拠◎南朝正統説は徳川氏が新田一族だったから◎本能寺の変をマキャアベリに倣って分析する◎江戸300藩の大名は愛知県出身者が過半数◎日本統治が書き言葉としての朝鮮語を与えた◎中華人民共和国の国名は日本語からの輸入◎ジャンヌ・ダルクは男系男子継承の守護神だ◎フランス革命の原因はマリー・アントワネット◎明治憲法は当時の欧州でも超先進的な憲法◎ゾルゲに憧れてKGBに志願したプーチン第1章 日本古代史――古代史に謎などない第2章 日本中世史――愛と欲望に生きた中世人第3章 日本戦国史――信長・家康より秀吉第4章 日本江戸時代――江戸時代礼賛論の死角第5章 韓国史――韓国は日本の兄という嘘第6章 中国史――中華思想史観の虚構第7章 西洋史I(古代・中世)――誤解だらけの西洋史第8章 西洋史II(近世)――米国独立と仏革命の裏側第9章 世界と日本の近代史――明治日本の世界史的偉業第10章 世界と日本の現代史――平成日本の危機と世界史※この作品には、電子版限定の特典として、八幡和郎著『世界と日本がわかる最強の世界史』(扶桑社刊)の一部が巻末に収録されています

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/04
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS新書
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 歴史の定説100の嘘...

      都会と違い閉店時間を少し早めて営業している田舎の本屋さんで手にした一冊。歴史に興味がある人なら一度は聞いた歴史の常識をまな板に載せ、こういう話もある、こんな見方もある、と著者の独自な見解を多々披露して...

      続きを読む
    • 歴史の定説100の嘘...

      日向からの流れ者が大和朝廷の礎になった、日本語は北方系の文法、南方系の単語からなるクレオール語、男系継承を支持。断定的な語り口で癖が強い。

    • 歴史の定説100の嘘...

      相変わらず「閉鎖性はかなり極端で『鎖国』は十分に適切」とか言ってる(オランダ風説書の存在は無視!)し、「ポルトガル船が鉄砲を伝え」たって言うけど鉄砲伝えたのは「倭寇の船(もしくは明の密貿易船)に乗った...

      続きを読む
    • 歴史の定説100の嘘...
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード