【最新刊】「空気」を読んでも従わない 生き苦しさからラクになる

「空気」を読んでも従わない 生き苦しさからラクになる

鴻上尚史

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「個性」が大事というけれど,集団の中であまり目立つと浮いてしまう,他人の視線を気にしながら,本当の自分は抑えつけていかないと…….この社会はどうしてこんなに息苦しいのだろう.もっと自分らしく,伸び伸びと生きていきたい! そんな悩みをかかえるアナタにとっておきのアドバイス.「空気」を読んでも従わない生き方のすすめ.

    続きを読む
    提供開始日
    2020/03/12
    連載誌/レーベル
    岩波ジュニア新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2019/06/20Posted by ブクログ

       KYという言葉がはやっていたときも「こんな言葉は嫌いだなあ」「こんな目で人を見るのは嫌だなあ」と思っていた。今じゃ,自分のまわりではあまりKYとは聞かなくなったなと思っていたけど,それはKYという概...

      続きを読む
    • 2020/01/13Posted by ブクログ

      普段の生活における、生きにくさや他人との関係などの問題を、「世間」と「社会」の論点から明確に解説してある。日本ならではの空気を読む文化がなぜあるのか、その悪しき面にはどのように対処すれば良いのか、平易...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      他人の頼みごとを断れない、はっきりNOと言えない、自分の意見をなかなか言えないなどなど。自分が弱いからダメなんだよな〜と、自己否定の材料にしていた性質。その根底には「世間」というものが存在していたとい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード