【最新刊】東京、はじまる

東京、はじまる

門井慶喜

1,799円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この男がいなければ、今日の東京の風景はなかったかもしれない?“日本人初”の建築家・辰野金吾の熱き生涯!江戸を壊し、東京へと創り替えた男。辰野金吾。日本銀行、東京駅、国会議事堂。経済、交通、そして民主政治という近代国家を象徴する建物を次々と設計し、理想の「東京」を作り上げようとする辰野はまさに維新期ならではの超人だった。しかし、超人であるがゆえの破天荒さは周囲を振り回し……。下級武士から身を立てるべく学問に励み、洋行して日本の近代化に焦り、恩師ジョサイア・コンドルを蹴落としてでも日本人建築家による首都作りを目指した辰野の一代記であるとともに、今日の風景が生まれるに至った「東京のはじまり」の物語。誰もが知る建築物の向こう側にある歴史とドラマに胸が高鳴る一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/28
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.8
    9
    5
    2
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/05/06Posted by ブクログ

      日本銀行、東京駅をデザインした辰野金吾ってどんな人だったのかしらんと思い、手に取った。明治期のエネルギーあふれる世界、山田風太郎の小説ばりに出てくる著名人、あー面白かった!結末は奇しくも2020年の世...

      続きを読む
    • 2020/03/01Posted by ブクログ

      あの東京駅を手掛けた日本近代建築の祖にして風雲児、辰野金吾の生涯を描いた作品。あぁ、これはドラマになっても面白いんだろうなぁというイメージを持ちながら読んでいた。求む、ドラマ化!

    • 2020/04/05Posted by ブクログ

      時まさに文明開花の明治。
      工部大学校・造家学科を首席で卒業し欧州留学から戻った金吾は、完成間近の鹿鳴館の足場から恩師・コンドルと共に東京の街を見下ろし、その浪費ともいうべき空間利用の効率の悪さに怒りを...

      続きを読む
    開く

    セーフモード