【最新刊】段落論~日本語の「わかりやすさ」の決め手~

段落論~日本語の「わかりやすさ」の決め手~

石黒 圭

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    段落を意識すると、読み書きの力だけでなく、聞く力や話す力までも伸ばすことができる。それは、段落に頭の中の思考を整理する「箱」としての役割があり、情報をわかりやすくアウトプットする助けになるからに他ならない。コミュニケーションの質を向上させうる段落のもつ力とその可能性、あるいはWEBに見られる新しい「段落」の形について、日本語研究の第一人者である著者が明らかにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/28
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/09/27Posted by ブクログ

      外人に日本語を教えている友人(もちろん日本人)から、日本語は膠着語であることを理解してもらうのが難しい、という話を聞いたばかり。文と段落は違うけど、それでも文章と文章がペタペタくっ付き合う日本語と、切...

      続きを読む
    • 2020/09/20Posted by ブクログ

      タイトルが「堕落論」のパロディだったとは…。
      まったく気づきませんでしたよ。

      つかみがたい日本の段落。
      (「美しい日本の私」のつもりで言ってみた。)

      どうしたらいいか、自分も全く心もとない。
      そこ...

      続きを読む
    • 2020/02/18Posted by ブクログ

      段落論 日本語の「わかりやすさ」の決めて(光文社新書)
      著作者:石黒圭
      読み書きの力がぐんぐん伸びる
      文章は接続詞で決まる。
      タイムライン
      https://booklog.jp/item/1/433...

      続きを読む
    開く

    セーフモード