【最新刊】EU離脱 ──イギリスとヨーロッパの地殻変動

EU離脱 ──イギリスとヨーロッパの地殻変動

1冊

鶴岡路人

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2016年6月23日。イギリスにおけるEU残留の是非を問う国民投票での離脱派の勝利は、世界に衝撃をもたらした。保守党のメイ首相の下で行われたEUとの離脱交渉は混迷を極め、ジョンソン首相に交代。数度の延期の末、2020年1月末に、ついに正式な離脱へ──。なぜ事態はここまで迷走したのか。それは、EUという存在のあり方と利害抜きには見えてこない。イギリスの内政問題という理解を超え、新たなヨーロッパ統合のあり方を見通す。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/21
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      《何をもってよしとするのか、何が当たり前で、何が当たり前でないのかに関する我々の判断基準自体が、大きく変化してしまった。このことが気づかれにくくなっているとすれば、それこそが最も懸念すべき事態なのだと...

      続きを読む
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      「国民投票自体が事故」というパワーワードから始まり、あれもだめこれもだめで心が折れたメイ政権、未だ未知数のジョンソン政権、そしてイギリスEU読者の「「「まだ(交渉)終わらへんのかい!!!」」」が凝縮さ...

      続きを読む

    セーフモード