【最新刊】書架の探偵

書架の探偵

ジーン ウルフ/酒井 昭伸

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    図書館の書架に住むE・A・スミスは、推理作家E・A・スミスの複生体(リクローン)である。生前のスミスの脳をスキャンし、その記憶や感情を備えて、図書館に収蔵されているのだ。そのスミスのもとを令嬢コレットが訪れた。父に続き兄を亡くした彼女は、スミスの著作が兄の死の鍵を握っていると考え、スミスを借り出したのだ。本に込められた謎とは? スミスは事件の調査を始めるが。巨匠ウルフの遺作のSFミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/20
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 書架の探偵
      ネタバレ
      2020/03/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 書架の探偵2020/11/17Posted by ブクログ

      SFミステリーというのが基本なんだと思うけど、ハードボイルドやファンタジーの要素もあり飽きさせない。それにしても著者84歳での作品とは驚き。

    • 書架の探偵2020/03/18Posted by ブクログ

      タイトルからして
      「司書 兼 探偵なのかな?」とか
      「急に体が小さくなって、たまたまそばの本棚にあった本の作者の名前をつけて探偵をする小学生かな?」とか
      色々と想像してましたが、あらすじを
      読んで驚く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード