【最新刊】ヒポクラテスの憂鬱

ヒポクラテスの憂鬱

中山七里

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    埼玉県警のホームページの掲示板に“修正者”を名乗る書き込みがあった。今後、県下で起きる自然死・事故死に企みがないかどうか見極めろという。同日のアイドルの転落死にも言及したため、県警の古手川と浦和医大法医学教室の助教・真琴は再捜査と遺体の解剖に臨んだ。結果、炙り出されたアイドルの秘密と司法解剖制度の脆弱さとは? シリーズ第二弾、待望の電子化!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/28
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ヒポクラテスの憂鬱
      ネタバレ
      2019/08/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ヒポクラテスの憂鬱2019/07/16Posted by ブクログ

      このアプリを入れてから記念すべき1冊目がこの「ヒポクラテスの憂鬱」だった。全体の感想としては月並みな感想だがとても面白かった。6部構成になっており、時系列はそのまま流れていくが出てくる事件はどれも胸糞...

      続きを読む
    • ヒポクラテスの憂鬱
      ネタバレ
      2019/06/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード