【最新刊】稲荷神社のキツネさん

稲荷神社のキツネさん

東村アキコ(作画)/町田真知子(原作)

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

井上正助は旅行代理店勤務のしがないサラリーマン。趣味の食べ歩きと旅で憂さを晴らす日々を送っていた。そんなある日出かけた京都の稲荷神社で、不思議な白狐に出会う。その白狐は思いがけないことをささやく。「ボクは稲荷神社の神様のお使い。キミのおじいさんにツイていたキツネだよ。キミはおじいさんと違ってぜんぜんお金儲けができていないね」。実話をもとに東村アキコが書き下ろしで挑む笑える“お金”ファンタジー。

続きを読む
ページ数
169ページ
提供開始日
2020/03/25
出版社
光文社
ジャンル
女性マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(8件)
  • 稲荷神社のキツネさん2021/02/14匿名
    迷いがあるときに読むと吉

    人生の変曲点に差し掛かっているとき、日ごろの信心深さのなさを棚に上げて神様にもすがりたくなってしまうことがあります。
    この作品を読んでいると、神様と人間のある意味でドライ・ある意味で温かい関係を感じる...

    続きを読む
  • 稲荷神社のキツネさん2020/11/01

    お稲荷さんのいる神社に御参りした日にこの漫画みつけました。
    ご縁感じます。
    自分の悩みにリンクするような内容で、気付かされる事も多く、大変参考になりました。
    神社信仰のある人が読むと良いかもです。

  • 稲荷神社のキツネさん2021/01/11

    今の自分に当てはまるところがあって、楽しく読めました!

開く

セーフモード