【最新刊】シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成

著:安宅和人

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    読者が選ぶビジネス書グランプリ2021 総合グランプリ受賞!!◎ビジネス書大賞2020 特別賞(ソーシャルデザイン部門)受賞!!◎ITエンジニア本大賞2021 ビジネス書部門 ベスト10!◎累計15万部突破!30万部超の名著『イシューからはじめよ』から9年――。渾身の力で投げ込む、ファクトベースの現状分析と新たなる時代の展望!AI×データの発展により、時代は多面的に「確変モード」に突入した。目まぐるしく動く社会の中、本書は以下の問いをひとつなぎにして答える。・現在の世の中の変化をどう見たらいいのか・日本の現状をどう考えるべきか・企業はどうしたらいいのか・すでに大人の人はこれからどうサバイバルしていけばいいのか・この変化の時代、子どもにはどんな経験を与え、育てればいいのか・若者は、このAIネイティブ時代をどう捉え、生きのびていけばいいのか・国としてのAI戦略、知財戦略はどうあるべきか?・AI時代の人材育成は何が課題で、どう考えたらいいのか・日本の大学など高等教育機関、研究機関の現状をどう考えたらいいのかビジネス・教育・政策…全領域にファクトベースで斬り込む、著者渾身の書き下ろし!意志なき悲観論でも、現実を直視しない楽観論でもない、建設的(Constructive)な、「残すに値する未来のつくり方」。目次1章 データ×AIが人類を再び解き放つ――時代の全体観と変化の本質2章 「第二の黒船」にどう挑むか――日本の現状と勝ち筋3章 求められる人材とスキル4章 「未来を創る人」をどう育てるか5章 未来に賭けられる国に――リソース配分を変える6章 残すに値する未来読者コメント「久々にすっごい面白い本に出会った。これからの時代の生き方の教養書として面白い」「これからの日本が進むべき道を豊富なデータと精緻なロジックで導き出している」「新人教育やマネジメント教育に必須の本だと思う。これから日本で生きる全てのビジネスパーソンが何を目指し、何をすべきかが詳細に書かれている」「安宅さんの『日本を何とかしたい』という熱い思いが伝わってきて、ビジネス書なのに感動しました。個人的に今年のベスト本になる予感」「一気に読んだ。『未来をつくる人』をどう育てるか、についても多くのページが割かれている。子育て中の方にもおすすめ」

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/18

    レビュー

    レビューコメント(185件)
    • シン・ニホン AI×...
      ネタバレ
      2020/12/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • シン・ニホン AI×...2020/05/06Posted by ブクログ

      ●反響

      決して、易しい本ではないはずなのに反響が凄い。
      ブクログレビュー100件突破。Twitterの#シンニホンのコメントの数と熱量・・。
      広がりを見せているのは、圧倒的な内容の濃さと明確なメッセ...

      続きを読む
    • シン・ニホン AI×...
      ネタバレ
      2020/08/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード