【最新刊】みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

著:日経コンピュータ 著:山端宏実 著:岡部一詩 著:中田敦 著:大和田尚孝 著:谷島宣之

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    みずほフィナンシャルグループ(FG)が2011年から進めてきた「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが2019年7月、ついに完了した。 富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に1000社ものシステムインテグレーターが参加したものの、2度にわたって開発完了が延期になったことから、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダファミリア」とまで呼ばれた史上最大級のITプロジェクトだ。みずほFGは完了までに8年もの年月と、35万人月、4000億円台半ばをつぎ込んだ。 1980年代に稼働した「第3次オンラインシステム」の全面刷新は、第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合したみずほFGにとって、2000年の発足以来の悲願だった。 しかしシステム刷新は何度も挫折し、2002年と2011年には大規模なシステム障害を引き起こした。80年代の非効率的な事務フローが残ったままになるなど、勘定系システムの老朽化は経営の足かせになっていた。 なぜみずほ銀行のシステム刷新は、これほどまでに長引いたのか。そして今回はどうやって完了に導いたのか。みずほ銀行がこれから目指す金融デジタル化戦略を、みずほFGにおける19年の苦闘の歴史を追いかけ続けた日経コンピュータが解き明かす。 多くの日本企業が直面する情報システムの老朽化問題、「2025年の崖」を乗り越えるヒントがここにある。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/15
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/02/29Posted by ブクログ

      システム刷新に、東京スカイツリーの建設費7本分。
      この言葉でお腹いっぱいです。

      これは、タスクフォース型組織の組織論の話です。
      企業の将来の理想の組織に向けて立ち上がったタスクフォース型組織の話です...

      続きを読む
    • 2020/02/22Posted by ブクログ

      みずほ銀行のシステム統合の失敗とそれを受けての勘定系システムの更新は他山の石とするべきものだ。ITシステムに限らず、高度成長期に作られたシステム、建築が老朽化し、その刷新やメンテナンスが喫緊の課題にな...

      続きを読む
    • 2020/05/05Posted by ブクログ

      みずほ銀行のシステム統合に関わるトラブル事例を基に一般の会社でもよく起こりえること、それに対する対応法を考えさせられる点でとてもためになる本であった。ATMの裏側ではこのように複雑なシステム、ソフトウ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002327676","price":"1980"}]

    セーフモード