【最新刊】統計分布を知れば世界が分かる 身長・体重から格差問題まで

統計分布を知れば世界が分かる 身長・体重から格差問題まで

1冊

松下貢 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一見バラバラに見えるデータでもグラフにすれば特徴が浮かび上がる。身長やテストの点数は真ん中が一番多い釣鐘型のカーブ(正規分布)に、地震の頻度やウェブの被リンク数は右肩下がりの曲線(べき乗分布)になる。そして体重や町村の人口は、釣鐘型だが左側が縮み右側が伸びたカーブになる(対数正規分布)。なぜ世界のほとんどの物事はこの3種類になるのか。仕組みを説明し、データに潜む真理から何が読み取れるかを明かす。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/14
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/29Posted by ブクログ

      おもしろい。こういうものの見方があるのか、っていう軽い驚きがある。ツイッタのリツイート数やフォロワー数とかも、よく見るとなにか見えてくるのだろう。

    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      文系でも分かるように書かれていて有難い。学生の時に出会っていたかった…。
      ランキングプロットの有用性がよく分かる。積極的に使っていきたい。

    • 2020/02/11Posted by ブクログ

      身長やテストの成績は釣り鐘状のグラフとなり、それは正規分布である。しかしながら世の中の事象は必ずしも正規分布にはならず、地震の頻度などは右下がりのべき乗分布となる。また、体重や市町村の人口は、釣り鐘状...

      続きを読む
    開く

    セーフモード