国境のエミーリャ 2巻

池田邦彦 監修協力:津久田重吾

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

仮想戦後活劇、同志諸君待望の第2巻! 作品の舞台は、第二次大戦で本土戦の後に敗戦を迎えた日本。連合国による分割統治の後、この国は二分され日本人民共和国(東日本国)と日本国として独立。それぞれが東西陣営に属する国家となり、列島には鉄のカーテンがおろされる。二国の国境には強固な壁が築かれ東京は、国境の街となった。1962年の東トウキョウ。19歳の杉浦エミーリャは、十月革命駅(旧・上野駅)の人民食堂の給仕係という表の顔と、東から西へと人々を逃がす脱出請負人という裏の顔を持つ女性。壁の東側で、エミーリャは様々な人と交錯する。パリの芸術に憧れる民警の似顔絵師。敵性スポーツとして禁じられた野球の傍で生きたいと願う元選手。西から東へと亡命してきたイギリス人工作員。偵察任務中に東側に不時着したアメリカ人パイロット。そして彼の暗殺を狙う、死んだはずのエミーリャの兄!!? 可能性としての東京を描く仮想戦後活劇、全人民待望の第2巻!!

続きを読む
  • 国境のエミーリャ 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    国境のエミーリャ 全 3 巻

    1,815円(税込)
    18pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2020/11/15

    とにかく面白い。ソ連を補助線に東京を、東京を補助線にソ連を感じることができる。

  • 2020/10/03Posted by ブクログ

     第2巻になりました。いやー、へたなんです。ヘタウマというわけじゃなく、へたです。だんだん疲れてきました。まあ、そこが面白いのですが。

セーフモード