【最新刊】国境のエミーリャ 3巻

国境のエミーリャ

無料あり

池田邦彦 監修協力:津久田重吾

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

日本東西分断の戦後を描く仮想歴史活劇! 時は、冷戦最中の1962年。舞台は、敗戦後に戦勝国による分割統治のあげく 冷戦の激化により国そのものが東西に分断されてしまった日本。国境の街となった東京にはベルリンさながらの強固な壁が築かれ 人々は往来の自由を奪われてしまった。そんな街で西への亡命を望む人々が頼るのが“脱出請負人”という存在。東トウキョウに住む杉浦エミーリャもその一人。表向きは十月革命駅(旧・上野駅)の人民食堂給仕係をしながら、裏で危険な仕事を請け負っている。当然彼女は、当局によってその身を狙われる存在。中でも民警(ミリツィヤ)国境犯罪捜査課警部・ウラゾフは エミーリャの逮捕に執念を見せる危険な男。やがて彼の地道な捜査が結実し、エミーリャの身に最大の危機が…!! ソ連による実質支配下にある日本人民共和国を舞台に 赤みがかったノスタルジーを届ける都市活劇! 緊迫の第3巻!!

続きを読む
ページ数
203ページ
提供開始日
2021/01/12
連載誌/レーベル
ゲッサン
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 国境のエミーリャ 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    国境のエミーリャ 全 3 巻

    1,815円(税込)
    18pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 1巻2020/08/08Posted by ブクログ

    1945年にポツダム宣言を承認せず、本土決戦の結果、米ソに分断統治された日本。そのソ連側の東東京が舞台。面白い。

  • 2巻2020/11/15

    とにかく面白い。ソ連を補助線に東京を、東京を補助線にソ連を感じることができる。

  • 一番乗り
    3巻
    ネタバレ
    2021/01/13

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード