輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち ゆめの森こども園 愛の関わりと連携の実例集

著者:前島由美

2,310円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    島根県出雲市にある療育支援施設「ゆめの森こども園」。そこでは、感覚過敏などで学校に行かれなかったり、生きづらさを感じている子どもたちが、食と関わりによって本来の輝きを取り戻し、いきいきと学校に戻っていくなど、目覚ましい変化を見せています。そこには、25年の保育経験を持つ著者の、目の前の子どものSOSを読み取る目と、子どもたち、そしてその家族を、スタッフ一丸となって大きな愛で見守る取り組みがあります。家庭を巻き込んでの食の改善と、関わり方を変える取り組みで、子どもたちが劇的に回復していく様子を、お母さんの手記と著者の解説で追う実例集。著者と共に取り組む小学校校長との対談や、著者に寄せられる質問・相談への回答を掲載。実例と具体的な対応策がつまった本書は、「発達障がい」と診断されたお子さんを持つ親御さんだけでなく、子どもの教育や指導に関わるすべての人に読んでいただきたい本です。ゆめの森こども園で実践している食の取り組み、ミネラル補給食のレシピつき。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • 感覚過敏からくる問題行動や不登校の原因はミネラル不足の食事にあった! 「発達障がいは脳内のアレルギーが原因」「アレルギーなら食で改善する!」と、ゆめの森こども園代表の前島さんの実践が盛りだくさん。向精...

      続きを読む
    • 「発達障がいの子どもの行動が食べ物に含まれるミネラルによって改善される」という新しい発見を与えてくれた本でした。「食べた物で自分の身体がつくられる」ということは考えてみれば当たり前だけど、薬に頼った現...

      続きを読む

    セーフモード