【最新刊】なんで僕に聞くんだろう。

なんで僕に聞くんだろう。

著:幡野広志

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「クリエイターと読者をつなぐサイトcakesで、2019年にもっとも読まれた連載」「1000万人が読んだ人気連載」が待望の書籍化! 「cakesで歴代ナンバー1のPVを獲得した記事」も収録。「家庭のある人の子どもを産みたい」「親の期待とは違う道を歩きたい」「いじめを苦に死にたがる娘の力になりたい」「ガンになった父になんて声をかけたらいかわからない」「自殺したい」「虐待してしまう」「末期がんになった」「お金を使うことに罪悪感がある」「どうして勉強しないといけないの」「風俗嬢に恋をした」「息子が不登校になった」「毒親に育てられた」「人から妬まれる」「売春がやめられない」「精神疾患がバレるのが怖い」「兄を殺した犯人を、今でも許せない」……なぜ彼らは、誰にも相談できない悩みを、余命数年の写真家に打ち明けるのか?人生相談を通して「幡野さん」から届く言葉は、今を生きるすべての人に刺さる“いのちのメッセージ”だ。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/06
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      Twitterのタイムラインを見ていたとき、たまたま知人のリツイートで幡野さんのcakesの連載を知った。たまたま目にした相談内容が衝撃的すぎて、たまたまcakesがキャンペーン中だったこともあり、記...

      続きを読む
    • 2020/03/01Posted by ブクログ

      2020.2.20

      子育てや不倫などうーんと考えさせられる相談が多い(あたりまえか)。自分の息子からこんな相談を受けたら私ならどう答えるだろうと思いながらページをめくるけど幡野さんの言葉と全くリンク...

      続きを読む
    • 2020/03/11Posted by ブクログ

      人は誰でも死ぬ。

      それを理解している人生か、してない人生か、
      大きく分かれると思う。

      死ぬときの事を考えて生きるのは、悪くない気がするな。


      幡野さんに寄せられる質問、これはわたしか?と言いたく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード