【最新刊】社長室の冬(メディア三部作)

社長室の冬(メディア三部作)

1冊

堂場瞬一

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本新報の記者・南康祐は、会社にとって不利益な情報を握る危険人物であるとみなされ、編集局から社長室へと異動させられる。その頃、新聞社に未来はないと判断し、外資系企業・AMCへの「身売り」工作を始めていた社長の小寺が急死する。九州に飛ばされていた新里が急遽東京に呼び戻され社長に就任するが、方々から徹底的な反発を受ける。外資との買収劇。不毛な社内抗争。紙かネットか。マスコミの存在意義――。新聞社の身売りを巡り、南が辿り着いた答えとは。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/14
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      新報の南、AMCの青井の不思議な関係。
      過去の失敗より、これから自分のやりたい道を見つけることの大切さ。社会派なのに奥が深い。
      最後は地方局。初心に戻る。なかなか出来ないなぁ

    • 2020/01/20Posted by ブクログ

      途中迄盛り上がったが、最後はシュルシュルやんか。池井戸君みたいに大団円のストーリーかと思ったら拍子抜け

    セーフモード