【最新刊】紅の掟

紅の掟

著:矢月秀作

781円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ハードアクション界のトップランナーが描く、暴力の連鎖。矢月秀作の真骨頂ここにあり!殺し屋組織を束ねる証である血塗られた拳銃「レッドホーク」を継承した工藤雅彦。だが、工藤は殺し屋を生業とするつもりはなく、元殺し屋でもある亜香里と共に静かな日々を送っていた。ある日、組織の長老が殺されたとの連絡が入る。これを機に、レッドホークを組織へと返上し、殺し屋から足を洗う覚悟の工藤だったが、それが許されるはずもなく、いつしか抗争に巻き込まれていき……。ハードアクション界のトップランナーが描く暴力の連鎖!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/07
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/02/12Posted by ブクログ

      矢月秀作『紅の掟』徳間文庫。

      『紅い鷹』の続編。笑えるくらいに昭和の劇画風のハードアクション小説。ご都合主義と荒唐無稽のぶっ飛んだ展開の連続は相変わらず。今の世の中でこれだけ善と悪のはっきりしたスト...

      続きを読む

    セーフモード