オオカミは大神 狼像をめぐる旅

著:青柳健二

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ニホンオオカミに対する関心が高まる昨今、各地に残る狼像を追ったフォト・ルポルタージュ。オオカミに対する関心が高まる昨今、狼信仰の影響を色濃く遺す狼像を求めて、関東はもとより東北、関西など各地を訪ねて写真と文章で表現した渾身のフォト・ルポルタージュ。各地に遍在する狼像の存在に関心を抱いた「旅する写真家」が、実際に現地を訪ね、徐々に日本人とオオカミ=大神との関わりの深さに目覚めていく体験を、読者は追体験できるだろう。軽妙な文章と、情緒あふれる多様な狼像の写真でめぐる、失われたニホンオオカミの記憶を掘り起こすユニークな旅の記録となっており、読者が狼像を訪ねるガイドブックとしても役立つ。1958年、山形県生まれ。写真家。メコン川流域の少数民族、棚田、犬像など、独自の視点で旅を続け、作品を発表し続ける「旅する写真家」。おもな著書に『メコン河』(NTT出版 1995年)、『メコンを流れる』(NTT出版 1996年)、『日本の棚田 百選』(小学館 2002年)、『アジアの棚田 日本の棚田』(平凡社 2004年)、『棚田を歩けば』(福音館書店 2007年)、『全国の犬像をめぐる 全国の忠犬物語45話』(青弓社 2017年)、『犬像をたずね歩く』(青弓社 2018年)などがある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 2019/10/07Posted by ブクログ

      ゲーム「大神」に影響を受けて読む。
      意外と近くに大神親交があったことに気が付く。
      そして西洋と日本ではオオカミの立ち位置が違うことにも気付かされた。

    • 2019/07/06Posted by ブクログ

       赤ずきんや三匹の子豚など、西洋の童話のなかでは恐ろしい存在として描かれる狼。牧畜業が盛んな地域では
      家畜を襲って食べてしまう害獣だが、農業の盛んな日本では鹿や猪など農作物を荒らす害獣を食べてくれる益...

      続きを読む
    • 2021/01/09Posted by ブクログ

      オオカミを祀る神社が多く残っているという。
      西洋の人間とオオカミの関わり方と違い、日本では農作地を襲う鹿や猪を食うオオカミは人間よりの益獣と言う認識だったよう。そして西洋の狼と違い、日本オオカミは小型...

      続きを読む
    開く

    セーフモード