粋を食す 江戸の蕎麦文化

著:花房孝典

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    蕎麦がなぜ江戸っ子たちにもてはやされ、江戸の粋を語る上で欠かせない食となり、確固たる地位を築くようになったのか?その誕生から秘密までを探る「江戸の蕎麦」雑学誌。「砂場」「藪」「更科」の老舗蕎麦屋の誕生、落語と蕎麦、歌舞伎と蕎麦などさまざまな切り口で展開するユニークな蕎麦考。<目次>・江戸之蕎麦 口上・第一章 江戸の蕎麦事典考察 江戸の蕎麦蕎麦と茶/蕎麦と酒/江戸蕎麦之品書/蕎麦の美学/蕎麦とつゆ/蕎麦と薬味/蕎麦は呑むべし、噛むべからず/蕎麦とつなぎ蕎麦切りの始まり/蕎麦屋登場/江戸の景物、夜蕎麦売り/二八蕎麦の正体/吉原と蕎麦/歌舞伎と蕎麦/蕎麦屋の看板/砂場・藪・更科/蕎麦屋と宣伝/蕎麦と習慣・第二章 蜀山人蕎麦ばなし『蕎麦の記』 『壬戌紀行』 『蕎麦の毒』・第三章 蕎麦と笑い蕎麦と川柳/蕎麦と小咄/蕎麦と落語・第四章 江戸から東京へその一 幕末・明治 蕎麦模様/その二 『味覚極楽』蕎麦ばなし/その三 蕎麦ばなし万華鏡・『秘伝蕎麦屋之作法』後書きに代へて

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002323206","price":"1408"}]

    セーフモード