【最新刊】営業はいらない

営業はいらない

三戸政和

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    累計16万部突破のベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』著者、最新作。テクノロジーの進化、社会の変容によって、時代遅れの「営業はもういらない」郵便局の保険問題、スルガ銀行の不正融資、レオパレス、かぼちゃの馬車の問題などなど、昨今、さまざまなニュースで営業のあり方が問われている。ある調査によると、営業担当者が新規顧客獲得の手法として、最も注力しているのが「テレアポイントメント」、3位が「飛び込み営業」だという。その結果、日本の労働生産性はG7中、最下位。生産性の低い非効率な業務は、企業の営業活動及び購買活動に数多く存在する。「すべての商売において営業力は基本」だが、インターネットの普及によって、購買行動はBtoB、BtoCともに激変した。グーグルの検索窓に商品の名前を入れれば、価格からスペックまでたいていのことはわかってしまう。個人の営業力頼みの商売はもはや時代遅れ。商社、広告代理店、旅行代理店などなどもビジネスモデル自体に構造の転換が迫られている。日本はそろそろこのひずみを修正すべく、営業についてその手法を考え直すときにきている。テクノロジーの進化が進むいま、もう営業はいらない。最新の営業手法を紹介するとともに、営業がいらないビジネスモデルを組むことことそが大切であることを伝える。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    • 2020/04/26Posted by ブクログ

      「営業はテクノロジーに置き換えられる」ということが主題で書かれている。

      本の前半では、実際に営業を行わないビジネスモデルについて書かれており、全ての営業がどのようにテクノロジーに置き換えられるかとい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/10/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/02/23Posted by ブクログ

      営業がいらないというタイトルは、「無理な営業は誰も幸せにならないから、そんな営業はいらない」というもので。

      自分の考える営業

      論外
      アポ無しで来る、顔見せてたらいいと思ってる、宿題出してもやってこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード