【最新刊】春駒~吉原花魁残酷日記~ 2巻

春駒~吉原花魁残酷日記~

望月帝 原案:森光子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リアルな花魁を描く、大正裏ロマン 大正14年1月、光子が長金花楼に来て丁度ひと月が経った。「初見世」の札も取れ苦界での生活にも少しずつ慣れてきた。だが、突然の腹痛が光子を襲い… 実在した花魁・春駒が書いた『光明に芽ぐむ日』『春駒日記』を基にした大正花魁残酷日記。

    続きを読む
    ページ数
    179ページ
    提供開始日
    2020/05/01
    連載誌/レーベル
    サンデーうぇぶり
    出版社
    小学館
    ジャンル
    少年マンガ
    • 春駒~吉原花魁残酷日記~ 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      春駒~吉原花魁残酷日記~ 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      大正時代の吉原で働く花魁の物語。実在の花魁の手記を基に描かれているのだとか。紫君が一緒に泣いてくれたことで救われた気がする。真珠夫人、柳原白蓮もこの時代だっけ。

    セーフモード