【最新刊】神様の用心棒 ~うさぎは闇を駆け抜ける~

神様の用心棒 ~うさぎは闇を駆け抜ける~

著:霜月りつ イラスト:アオジマイコ

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治時代の北海道・函館。戦争で負傷した兎月は目覚めると神社の境内にいた。自分のことも思い出せない彼の前に神様と名乗る少年が現れ、死んだことを聞かされる。兎月は修行として神社の用心棒となり参拝客の願いを叶えることに。そして、願いを叶えることで少しずつ生前の記憶を取り戻していき、自身の正体を思い出したとき彼は――?小さな神社の神様と記憶のない用心棒が北海道・函館に蔓延る闇を斬る。大人気シリーズ『神様の子守はじめました。』(コスミック出版)の霜月りつが贈る、和風ファンタジー。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/31

    レビュー

    • 2020/04/06Posted by ブクログ

      帯にめっちゃ『兼定』って大きく書いてあったから、えっ侍が戦う話なのかな…と思って読むのを躊躇ってたけど、読んでみたらうさぎさん溢れる函館の街の人情のお話でした。エピソードひとつひとつは短めなものの、一...

      続きを読む
    • 2020/07/31Posted by ブクログ

      うさぎが溢れていた、一冊。

      舞台は明治時代の函館。負傷し記憶も喪った 兎月が出逢ってたのはとある神社の神様。

      もう…!この神様、ツクヨミが可愛い!
      このキャラはうさぎらしくて魅了される。

      そして...

      続きを読む

    セーフモード