死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発【映画カバー版】

著者:門田隆将

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがいた。※本電子書籍は映画カバー版です。通常版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。※本アイテムの配信は、2021年2月1日(月)までの期間限定となります。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    43
    5
    31
    4
    9
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/11/07Posted by ブクログ

      あの時イチエフで闘った人たちの壮絶な記録。決死で日本を救ったことは日本人の多くがイメージしているものの、それが具体的にどういうことだったのか、何が起こっていたのかは実はみんなよく知らない。あの時日本が...

      続きを読む
    • 2020/04/23Posted by ブクログ

      3.11の大地震と津波で甚大な被害を受け
      メルトダウン一歩手前まで行った福島第一原発の話。

      あの当時、mixiでその時原子炉内で起こっている状況を
      マイミクさん達に伝えるために書くため、
      内部の様子...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/05/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002315749","price":"924"}]

    セーフモード