【最新刊】ファクトに基づき、普遍を見出す 世界の正しい捉え方

ファクトに基づき、普遍を見出す 世界の正しい捉え方

著者:高橋洋一

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    インターネットが普及し、以前より格段と便利な社会となった一方で、ウソ、ごまかし、誤解、無知、虚飾、粉飾―――“フェイク”と呼ぶべき情報が無限に生成され、拡散される世の中になった。テレビや新聞などオールドメディアでも、公然と捏造や印象操作が行われている。信頼できる情報はほんのわずか。しかし、世の中にはびこる“フェイク”に思考を翻弄されたくなければ、自らファクトを見極めて、真実を見出す力を磨くしか方法はない。本書では、2019年~2020年にかけての最新の政治・経済・国際情勢の動向とともに、著者が官僚時代から実践し続けてきた思考習慣、「川を上り、海を渡る(=「過去の経緯」と「海外の事例」を調べる)」について紹介する。ファクトとデータを集めれば、真理はおのずと見えてくる。ますます緊張と混乱を極める2020年代の世界を、正しく見通すための1冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/31
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • ファクトに基づき...2020/07/22Posted by ブクログ

      「川を上り海を渡れ」
      歴史を遡って過去の経緯を調べる
      海外の事例を調べる
      と言うことを旧大蔵省は徹底されているそうです。
      僕の仕事で海外を調べることはないですが
      過去の経緯を調べて他都市事例をチェック...

      続きを読む
    • ファクトに基づき...2020/05/06Posted by ブクログ

      政治経済の勉強をしっかり行い、ニュースも見ていればかなり良書なんだと思う。
      事実に基づいて考察する思考法自体はとても勉強になったが政治経済の知見がないため内容はあまりわからなかった。

    セーフモード