【最新刊】劇場(新潮文庫)

劇場(新潮文庫)

1冊

又吉直樹

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校卒業後、大阪から上京し劇団を旗揚げした永田と、大学生の沙希。それぞれ夢を抱いてやってきた東京で出会った。公演は酷評の嵐で劇団員にも見放され、ままならない日々を送る永田にとって、自分の才能を一心に信じてくれる、沙希の笑顔だけが救いだった――。理想と現実の狭間でもがきながら、かけがえのない誰かを思う、不器用な恋の物語。芥川賞『火花』より先に着手した著者の小説的原点。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/14
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    38
    5
    5
    4
    17
    3
    13
    2
    1
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/03/29Posted by ブクログ

      又吉が下記途中で『火花』にうつったり一年では書ききれないと感じたのと同じように、私も途中で別の本読んだり読んでも数頁しか進まなかったりして、決して長くない本だけど時間をかけて読んだ。
      だって冒頭が「ま...

      続きを読む
    • 2020/03/26Posted by ブクログ

      あとがきで、作者である又吉が、「恋愛小説と呼べるものになっているかすらわからない」と心配していたが、ちゃんとした恋愛小説だと思う。

      確かに本書には「好き」とか「愛してる」と言った言葉も無ければ、キス...

      続きを読む
    • 2020/03/26Posted by ブクログ

      最後のシーンめっちゃ震えた

      周りの評価はうるせえなあってなるけど
      それが全てだよなあとも思った

      一気に読めばよかったかな
      時間開けて少しずつ読んだ

      表現ってなんでもできるな

      映画見て復習して、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード