【最新刊】さらば黒き武士(もののふ)

さらば黒き武士(もののふ)

岡本さとる

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    武田軍に攻め込まれ落城寸前の長篠城を救うため、鳥居強右衛門は城を抜け出した。その強右衛門の口から語られたのは、京の町で出会ったある女の話で……(「長篠の蒼空」) 宣教師ヴァリニャーニから織田信長に献上された弥助。信長に気に入られた弥助は、武士として信長に仕えることになるが……。(表題作) その他、感動必至の二編を収録。歴史に埋もれた愛を描く、傑作短編集。(『花のこみち』改題)

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/31
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      岡本さとる 著「さらば黒き武士(もののふ)」、2019.11発行。長篠の蒼空、花のこみち、さらば黒き武士、つれなの振りや「お国と山三」の4話が収録されています。歴史に埋もれた愛が描かれています。

    セーフモード