【最新刊】上代文藝に於ける散文性の研究

上代文藝に於ける散文性の研究

中西進

2,904円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代を代表する国文学者にして「令和」の考案者とされる中西進の卆寿記念出版。中西万葉学、中西文学論、中西日本人論のすべての原点といえる、東大卒業論文を、90歳の原点として、令和の今、出版して世に問う。400字×674枚の圧巻の手書き原稿がここによみがえる。日本古代において、韻文と散文は如何に成立してきたのか。卒業論文ながら極めて高い学術性は、現代の国文学者、国文学の学生らにとっても非常に有益な着眼点や論点を提供する。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/25
    出版社
    東京書籍
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002314310","price":"2904"}]

    セーフモード