【最新刊】罪の轍

罪の轍

1冊

奥田英朗

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年。浅草で男児誘拐事件が発生し、日本中を恐怖と怒りの渦に叩き込んだ。事件を担当する捜査一課の落合昌夫は、子供達から「莫迦」と呼ばれる北国訛りの男の噂を聞く――。世間から置き去りにされた人間の孤独を、緊迫感あふれる描写と圧倒的リアリティで描く社会派ミステリの真髄。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/07
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    91
    5
    45
    4
    26
    3
    17
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/26Posted by ブクログ

      東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年。浅草で男児誘拐事件が発生…とあらすじにあったが、途中まで事件は起こらず、思わずあらすじを確認してしまった。
      宇野寛治の人生の轍を綴っているのだが、淡々と進んで...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/03/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2020/03/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード