【最新刊】罪の轍

罪の轍

奥田英朗

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年。浅草で男児誘拐事件が発生し、日本中を恐怖と怒りの渦に叩き込んだ。事件を担当する捜査一課の落合昌夫は、子供達から「莫迦」と呼ばれる北国訛りの男の噂を聞く――。世間から置き去りにされた人間の孤独を、緊迫感あふれる描写と圧倒的リアリティで描く社会派ミステリの真髄。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/07
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/08/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/23Posted by ブクログ

       鬼才・奥田英朗が、一世一代のチャレンジをやってのけた。凄みのある一冊を世に出した。

       戦後最大の誘拐報道で知られる吉展ちゃん事件をモデルに、東京オリンピック前年の昭和38年の世相を背景とした重量級...

      続きを読む
    • 2020/02/03Posted by ブクログ

      昭和三十八年。北海道礼文島で暮らす漁師手伝いの青年、宇野寛治は、窃盗事件の捜査から逃れるために身ひとつで東京に向かう。東京に行きさえすれば、明るい未来が待っていると信じていたのだ。一方、警視庁捜査一課...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002314286","price":"1980"}]

    セーフモード