行動経済学の使い方

大竹文雄

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学ぶだけではもう足りない。研究と応用が進み、行動経済学は「使う」段階に来ているのだ。本書では「ナッジ」の作り方を解説する。人間の行動の特性をふまえ、自由な選択を確保しつつ、より良い意思決定、より良い行動を引き出す。その知恵と工夫が「ナッジ」だ。この本を通して、行動経済学の応用力を身につけよう。

    続きを読む
    • 行動経済学の使い方 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      行動経済学の使い方 全 1 冊

      902円(税込)
      9pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(49件)
    • 2020/02/27

      行動経済学の基本から始まり、それを活かすためのナッジの説明や具体例が示されていて日常で活かすためのヒントを得られる

      リスクの感じ方
       利得と損失時で異なる
        利得時は確実なものを選ぶ
        損失時は...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/10/21

      224p

      「人間の行動特性をふまえ、自由な選択を確保しつつ、より良い意思決定を促し、より良い行動を引き出す知恵と工夫」
      それをナッジといいます。
      今の仕事をしてると合理的な選択が正しいとは思えないこ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/07/05

      話題になって久しい行動経済学。何冊かこのジャンルの本は読ませていただいていますが、今回は新書にて。
      新書ならではの分かりやすさが、私にとってはとてもありがたかったです。
      第2章のナッジに関する記述と、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード