【最新刊】自閉症のすべてがわかる本

自閉症のすべてがわかる本

佐々木正美

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひと目でわかるイラスト図解《講談社 健康ライブラリーイラスト版》【自閉症の正しい知識と治療・対処法のすべてを紹介する】私たちの育て方が悪かったの? いいえ。自閉症は心の病気ではなく脳の障害であり、決してしつけが原因ではありません。社会性をどう身につけるか。その療育法を学ぶことで、家や学校での育て方・目標が見えてきます。【まえがきより】 本書には、TEACCHプログラムの原理や実際の内容を、イラストを工夫して具体的に紹介しています。自閉症についてはじめて学ぶ人にも理解しやすいように、入門書としての役割を強調したためです。自閉症について、正しい知識を広く紹介することも心がけました。正しい知識があって、はじめて育て方の大切さがわかります。最初からこちらのいうことを理解させようとしても、子どもを苦しめるだけです。よりそうようにして、理解しやすい適切な環境やコミュニケーションを工夫しなければ、けっしてよい結果はえられません。【本書のおもなポイント】●自閉症はしつけや性格のせいではない。脳の機能障害が原因●自閉症の子どもは言葉や感情表現を身につけるのが苦手●療育の中心はTEACCHプログラム●TEACCHで生活習慣を体で覚え、社会的スキルを身につける●家庭では視覚で理解しやすい環境づくりを●音楽や絵で遊ぶことにも意義がある●言葉よりコミュニケーションを身につける 【本書のおもな内容】《1.おとなしいのは、病気だから?》●子どもが呼びかけに答えない【自閉症とは】【自閉症のサイン】《2.原因はしつけじゃない》●悪いのは、私たち夫婦? 【原因】【診断基準】【心理面の特徴】【身体面の特徴】【関連する障害】《3.専門家と協力して療育をすすめる》●自閉症だと思ったら【相談先】【対応】《4.TEACCHで社会性を身につける》●育て方を理解したい【TEACCHとは】【家庭では】【学校では】【地域では】《5.社会生活に入っていくために》●夢や目標をもってほしい【経過】【学校へ】【職場へ】 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    105ページ
    提供開始日
    2020/01/24
    連載誌/レーベル
    健康ライブラリーイラスト版

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      2011.08.18. 同じく、借りました。監修は、暮らしの手帖にも執筆なさっている佐々木正美さん。この方は、わりと有名なようで、クラスの友だちも知っていました。これもわかりやすく、入門書にピッタリで...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      再読

      自閉症は心の病気ではなく、脳の障害で
      適切な療育等が受けられれば出来る事が増えるなど
      具体的な事は理解できた…ような感じなんだけど、

      私が一番知りたかった、
      自閉症というのはどういう事なの?...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      すべてがわかるってのは言い過ぎだと思いますが、自閉症について最初に読む本としてはオススメです。
      自閉症とは何なのか、どういったプロセスで親が気づいていくのか等ひと通りのことが網羅されており、かつイラス...

      続きを読む

    セーフモード