【最新刊】まんが 超訳『論語と算盤』

まんが 超訳『論語と算盤』

1冊

渋沢栄一(原作)/守屋 淳(監修)/渋澤健(解説)/山本時嗣(シナリオ)/今谷鉄柱(漫画構成)/新津タカヒト(作画)

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    もし逆境に立たされたサラリーマンが渋沢栄一『論語と算盤』を読んだら!? 近代日本経済の父・渋沢栄一の名著を現代におきかえ、一番身近で一番読みやすいスタイルに再構成。どんな状況でも運命を切り開き、人生を成功に導く教えが漫画でスラスラわかる! 逆境に立ったときこそ考えるべきこととは何か、やるべきこととは何か。大ベストセラー『現代語訳 論語と算盤』の訳者・守屋淳監修、渋沢栄一の玄孫・渋澤健解説。

    続きを読む
    ページ数
    170ページ
    提供開始日
    2020/01/21
    出版社
    光文社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/03Posted by ブクログ

      現代の会社員が渋沢栄一著の「論語と算盤」を学んだらどうなるのかというテーマ書かれています。
      マンガなのでさらっと読んで概要を知ることができます。

      私が印象に残ったのは次の2点です。
      ・大きな志と小さ...

      続きを読む

    セーフモード