【最新刊】21世紀落語史~すべては志ん朝の死から始まった~

21世紀落語史~すべては志ん朝の死から始まった~

広瀬和生

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    若者はなぜ渋谷の落語会にハマるのか? 「落語ブーム」はどう生まれたのか? 「志ん朝の死」で幕を開けた21世紀の落語界――、その「激動の時代」の記録を後世に伝えるべく、現在に至るまでの出来事を、落語ファンとして客席に足を運び続けた立場から振り返り綴る。ほぼ毎日落語を聴く「BURRN!」編集長だから語れた「落語盛衰記」。今聴くべき演者がわかる、「にわかファン」にも最適な一冊!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/24
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 21世紀落語史~...
      ネタバレ
      2020/02/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 21世紀落語史~...2020/04/05Posted by ブクログ

      広瀬和生さんといえば、ヘヴィメタル雑誌の「BURRN!」の編集長というイメージが強いです。
      私は中学から高校にかけて同誌を愛読しており、大変お世話になりました。
      恐らく、私のような「BURRN!」愛読...

      続きを読む
    • 21世紀落語史~...2020/06/28Posted by ブクログ

      上野鈴本演芸場 落語協会のみ
      新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場は落語妖怪と落語芸術協会の交互出演

      芸協は2018/11から新宿末廣亭で圓楽等、上方、立川流などからゲストをいれるようになった

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード