【最新刊】16歳のデモクラシー

16歳のデモクラシー

著:佐藤優

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「高校での勉強は、人生に役立つ教養だ――」民主主義を根源的に考える世界レベルの教養ゼミ。ファシズムに対抗しうる知の力とは。「君たちが社会で活躍するころには、日本のファシズム傾向は今より強まっているかもしれない。過去の歴史を知ることは、現在を読むために必要だ――」インテリジェンスの泰斗が高校生たちに呼びかけ、学校での授業内容をベースに世界と社会の見方を伝える。デモクラシー論の古典であるラインホールド・ニーバー『光の子と闇の子』をテキストに、ときに英語原文にもあたりながら、デモクラシーの本質を探究していく。高校での勉強や大学入試のさらにその先を見据えた、たしかな教養を身につけるための全4講義。力強く歩みだすための知力とはなにか。学びはじめ、学びなおし、学びつづける知的メソッド。【目次より】第1講 歴史の年号はなぜ重要なのか第2講 デモクラシーの起源第3講 世界戦争が起きるメカニズム第4講 未来を見通す力をつける

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/24
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 16歳のデモクラシー
      2020/03/03

      県立浦和高のもそうだが、佐藤優氏の高校生へのレクチャーシリーズは大変面白く、高校生だけに聞かせるのは勿体ない。授業風景をビデオにして発売してほしいほど。YouTubeで公開してくれるともっとうれしいけ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 16歳のデモクラシー
      2020/11/08

      英語で責任とは、レスポンシビリティ、つまりレスポンス、つまり反応を含む言葉だ。つまり、誰かに対する作用としてしかありえない。欧米剣には神がいるから、場合によっては紙に対する作用面もあるのかな。それのな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード