【最新刊】秘密資金の戦後政党史―米露公文書に刻まれた「依存」の系譜―(新潮選書)

秘密資金の戦後政党史―米露公文書に刻まれた「依存」の系譜―(新潮選書)

名越健郎

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冷戦下、保革主要政党が米ソから密かに受けてきた違法資金。ハワイでの受け取り、迂回融資、工作員による手渡し……、手練手管を駆使して渡された闇の資金は、イデオロギー対立の狭間で、日本政治に何をもたらしたのか? 綿密な調査によって発掘された一級資料が暴く「政治とカネ」問題史上、最大の暗部。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/17
    連載誌/レーベル
    新潮選書

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 秘密資金の戦後政...
      2020/10/17

      Foresightでおなじみ名越さんの渾身の一作。戦後政治史の影の一面というか、光の当てられなかった部分というか。少なくとも戦後の一定期間においてほとんどすべての政党に外国からの資金が流入していたとい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 秘密資金の戦後政...
      2020/06/26

      このような資料がアメリカやロシアに存在し、一般人が閲覧できることは当たり前のこととは言え、我が国の状況を見ると悲しい気持ちになる.自由民主党、日本社会党、日本共産党が当時の米ソから資金援助を受けていた...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード