あやうく一生懸命生きるところだった

著:ハ・ワン/訳:岡崎暢子

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「正直なところ、この選択がどんな結果を生むのか僕もわからない。“頑張らない人生”なんて初めてだ。これは、僕の人生を賭けた実験だ――」。韓国で25万部超のベストセラーが待望の邦訳! 他人の目を気にせず、自分らしく、頑張らずに生きることを決意した著者が贈る、生きづらさを手放すための言葉

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/18Posted by ブクログ

      ブクログではこれまで機会がなかったので特に言う必要はなかったのですが、わたしは東方神起が好きで、二人とも好きなんですが、どちらかというとユノの方が好きです。
      で、この作品はユノの愛読書であるとか。
      ...

      続きを読む
    • 2020/04/18Posted by ブクログ

      この本を読んで、『常に一生懸命何かに取り組んでいなければならない』、『幸せを掴むには、こうあらねばならない』という強迫観念から解放された。
      誰か新しい人と会うたびに、「今はどういったことをされているん...

      続きを読む
    • 2020/06/21Posted by ブクログ

      なんだこのゆるいイラストとゆるいタイトルは。
      中をパラパラとめくると、ところどころゆるいイラストが散りばめられているエッセイみたい。

      内容はゆるいイメージとは裏腹に意外と哲学的だったり、ところどころ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002307648","price":"1430"}]

    セーフモード